アフィリエイト活用法

パソコン作業国際連合貿易開発会議の報告によると、2015年の日本のイーコマースの売り上げは2.5兆ドル(約277.5兆円)と報告されています。同年度の日本の税収は約56兆円で、日本のイーコマースの売り上げは国家予算の約5倍です。このことからも、イーコマース市場の巨大さを伺い知ることができます。

アフィリエイトとは提携を意味しています。またアフィリエイト広告とは、インターネット上の既存サイトと提携して広告を掲載する形式の広告を指します。サイトと提携することにより、サイトに広告掲載に対する報酬を支払うことになります。一般的な広告は、売れようが売れまいが一定の広告費がかかります。

アフィリエイト広告の特徴として「成果報酬型」の報酬形態を設定することが可能であり、広告主としては売れたときのみ報酬を支払うだけでよく、広告費を低く抑えることが可能です。

また一般的な広告は、宣伝効果が売り上げにどう影響しているのか分かりづらく、アンケート等で買主に直接聞かなければ、宣伝効果を具体的に知ることができません。しかし、アフィリエイト広告の場合は、提携サイト、広告の種類、購入時間、購入者の情報等の一般広告では得られない貴重な情報が得られます。

どういった種類の広告と相性がいいのか、どんなサイトにマッチするのか、広告を掲載する時間帯は何時がいいのか等、これらの情報を分析することで、よりアフィリエイト広告費用を抑えることができます。「難しい分析はちょっと・・・」と思われる方には、こういったアフィリエイトの運用を代行している、アフィリエイト運用代行サービスといった専門業者もありますのでこうしたサービスを活用することも可能です。