アフィリエイト活用の注意点

パソコンアフィリエイト広告は掲載サイトと契約し契約サイトに広告を表示して広告主のサイトに誘導する広告です。そのような性質上、契約サイトの質と相性が重要になります。質の悪いサイトに広告を掲載すれば、提供する商品やサービスの信用につながりますし、まったく異なるジャンルのサイトに広告を掲載しても興味を持ってもらえず、広告効果が低くなってしまうからです。

質の良いサイトとは、サイト訪問者がほしい情報を提供できるサイトです。購入する商品やサービスが決まっている人は直接販売サイトを訪問するのですが、アフィリエイト広告を経由して購入する人は、広告掲載サイト訪問後、商品やサービスの購入意欲が高まった人です。例えば、サイトタイトルと内容に整合性がとれないものや、広告ばかりがべたべたと掲載されているような信用できないサイトでは良質なサイトとは言えません

次に広告の相性ですが、満腹の人に食べ物の広告を見せても魅力を感じてもらえないように、やはりニーズにマッチした広告を掲載してもらう必要があります。女性向けサービスの広告が男性向けサイトに掲載されていないか、特定の地域に特化したサービスが別の遠隔地のサイトで宣伝されていないか等、ニーズに訴求できて実現可能であることを考慮する必要があります


アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告にはさまざまな種類があります。広告は、サービスや商品の用途や種類に応じて使い分けます。まず代表的なものにバナー広告があります。画像やFlashによる動画を用いたものがあり、サイト訪問者が広告をクリックすると、広告主サイトが表示されるタイプの広告です。視覚的にアピールしやすいため、訴求効果の高い広告により売り上げにつなげることができるのが特徴です。

イラストパソコン次はテキスト広告です。テキスト広告はその名の通りテキストとして表示され、広告主のサイトへ誘導するリンクが埋め込まれたものになります。テキストのフォントや色、の選択は可能ですが、バナー広告と比較するとシンプルなデザインです。テキストの表現が成果に大きく影響します。ただし、見た目で広告と判断できないため、サイト訪問者を欺くような表示をすると、信頼を失う可能性があるため使い方には注意が必要です。

最後は商品リンクです。商品やサービスそのものを掲載し、サイト訪問者がクリックすることで販売サイトへ誘導する広告です。具体的な商品やサービスをダイレクトに表示するため、高いコンバージョンレート(サイト訪問者に対する商品やサービスを購入したり会員登録を行ったりした人の割合)が期待できる広告です。


アフィリエイト活用法

パソコン作業国際連合貿易開発会議の報告によると、2015年の日本のイーコマースの売り上げは2.5兆ドル(約277.5兆円)と報告されています。同年度の日本の税収は約56兆円で、日本のイーコマースの売り上げは国家予算の約5倍です。このことからも、イーコマース市場の巨大さを伺い知ることができます。

アフィリエイトとは提携を意味しています。またアフィリエイト広告とは、インターネット上の既存サイトと提携して広告を掲載する形式の広告を指します。サイトと提携することにより、サイトに広告掲載に対する報酬を支払うことになります。一般的な広告は、売れようが売れまいが一定の広告費がかかります。

アフィリエイト広告の特徴として「成果報酬型」の報酬形態を設定することが可能であり、広告主としては売れたときのみ報酬を支払うだけでよく、広告費を低く抑えることが可能です。

また一般的な広告は、宣伝効果が売り上げにどう影響しているのか分かりづらく、アンケート等で買主に直接聞かなければ、宣伝効果を具体的に知ることができません。しかし、アフィリエイト広告の場合は、提携サイト、広告の種類、購入時間、購入者の情報等の一般広告では得られない貴重な情報が得られます。

どういった種類の広告と相性がいいのか、どんなサイトにマッチするのか、広告を掲載する時間帯は何時がいいのか等、これらの情報を分析することで、よりアフィリエイト広告費用を抑えることができます。「難しい分析はちょっと・・・」と思われる方には、こういったアフィリエイトの運用を代行している、アフィリエイト運用代行サービスといった専門業者もありますのでこうしたサービスを活用することも可能です。